小笠原伯爵邸

WHAT'S GOING ON AT OGASAWARATEI THESE DAYS? -TOPICS-

event CAMPO ALEGRE BLANCO 2016

CAMPO ALEGRE BLANCO 2016 DO. RUEDA
カンポ・アレグレ ブランコ 2016

品種
100% ベルデホ種

テロワール
砂や砂利、また砂利と粘土の土壌。

ロケーション
樹齢の古い最高の畑から選び抜いたブドウを使用。畑は標高600~700メートルのルエダとトロ地区の高台にある。この地区はドゥエロ川に近いため、極端な気温差の影響を免れている。

収穫
最大の注意を払いながら手で収穫。

製法
フレッシュなフルーツの個性を得るため、果汁は果皮とともに8~ 12 時間低温浸漬。 その後、果皮を取り除き、良質な澱とともにさらに 10 日間おいて果実 味に凝縮感を与える。そしてこのあと、3つの異なる容器で発酵開始。

1:卵型のコンクリートタンク。この形のタンクでは澱が自然に断続的に撹拌する。 そのためワインにまろやかさと複雑なアロマを与え ることができる。

 

2:ドゥミ・ミュイと呼ばれる600リットルのフレンチオ ーク。新樽を用いることでストラクチャーと素晴らしいリッチさが与えられる。

3:ステンレスタンク。白ワインの発酵ではクラシックな方法で、フレッシュなフルーツのアロ マを凝縮させることができる。

醸造
40hl のタンク内にて 6 度で4~5 日間コールドマ セラシオンを行い、パンチングダウンやポンピングオーバーをしながら発酵。発酵後、3 週間マセレー ションしタンニンと骨格を引き出す。マロラクティック発酵はフレンチオークの樽内で行う。

熟成
シュール・リーでバトナージュしながら 4 カ月熟成 。その後、3つのタンクをブレンドし、さらに数カ月おく。数カ月おくことですべての要素が一体となり、調和のとれた美しいワインに仕上がる。

テースティングノート
金色の輝きを纏った美しいイエロー。フレッシュでグラッシーな濃厚な香り。熟した白いストーンフルーツ、 刈ったばかりの草、ドライフラワーなどの香り。骨格のしっかりした、粘性のある調和のとれた味わい。 複雑なアロマが口いっぱいに広がり余韻も長い。

update : 2018.05.14 |category : event

event CAMPO ALEGRE 2014

CAMPO ALEGRE 2014
カンポ・アレグレ DOトロ 2014

品種
100% ティンタ・デ・トロ種(テンプラニーリョ)

テロワール
鉄を含んだ砂やシルト土壌で、表面に多く の石が転がっている。

ロケーション
トロはサモラ県とヴァリャドリッド県に広がっています。地形は台地と河に向かう小さな丘陵。ブドウ畑は標高620~750メートルにある。

収穫
手収穫し、 15 キロの小さなバスケットに入れる。 セラーでは除梗の前と後にベルトコンベアーの上 で選果を行う。

醸造
40hl のタンク内で 6 度、4~5 日間コールドマ セラシオンを行い、パンチングダウンやポンピングオーバーをしながら発酵。発酵後、 3 週間マセ レーションしタンニンと骨格を引き出す。マロラクティック発酵はフレンチオークの樽内で行う。

熟成
フレンチオーク100%新樽で 14 カ月熟成。

テースティングノート
いきいきとしたチェリー色。赤いフルーツやココ ア、スパイスなどの軽やかな香り。味わいはまろ やかでストラクチャーがあり、タンニンも深い。

update : 2018.05.14 |category : event

event CAMPO ELISEO BLANCO 2013

CAMPO ELISEO BLANCO 2013
カンポ・エリセオ ブランコ 2013

品種
100% ベルデホ種
ルエダ地方のベルデホはスペインでもっとも優れた白品種のひとつ。リッチで深みがあり、桃やアンズなどのフルーツの香りがあり、力強い果実味を持つ。ベルデホは果皮が茶色になるまで収穫を待た ねばならない晩熟のブドウで、通常ソーヴィニヨン・ ブランの一か月後に収穫される。

テロワール
砂や砂利、また砂利と粘土の土壌。

ロケーション
樹齢の古い最高の畑から選び抜いたブドウを使用。畑は標高600~700メートルのルエダとトロ地区の高台にある。この地区はドゥエロ川に近いため、極端な気温差の影響を免れている。

収穫
最大の注意を払いながら手で収穫。

醸造
40hl のタンク内にて 6 度で4~5 日間コールドマ セラシオンを行い、パンチングダウンやポンピングオーバーをしながら発酵。発酵後、3 週間マセレー ションしタンニンと骨格を引き出す。マロラクティック発酵はフレンチオークの樽内で行う。

熟成
発酵後、最初の 4カ月間はシュール・リーでバトナージュしながら熟成。合計で10カ月の熟成を行う。

テースティングノート
金色の輝きを纏った美しいイエロー。フレッシュでグラッシーな濃厚な香り。熟した白いストーンフルーツ、 刈ったばかりの草、ドライフラワーなどの香り。骨格のしっかりした、粘性のある調和のとれた味わい。 複雑なアロマが口いっぱいに広がり余韻も長い。

update : 2018.05.14 |category : event

event CAMPO ELISEO 2008

CAMPO ELISEO DO.TORO 2008
カンポ・エリセオ DOトロ 2008

品種
100% ティンタ・デ・トロ種(テンプラニーリョ)

テロワール
鉄を含んだ砂やシルト土壌で、表面に多くの石が転がっている。

ロケーション
トロはサモラ県とヴァリャドリッド県に広がっています。地形は台地と河に向かう小さな丘陵。ブドウ畑は標高620~750メートルにある。

収穫
厳しい剪定や、除葉、グリーンハーベストを行い、 収穫は手で行う。セラーでは除梗の前と後にベルトコンベアーの上で選果を行う。

醸造
40hl のタンク内にて 6 度で4~5 日間コールドマセラシオンを行い、パンチングダウンやポンピングオーバーをしながら発酵。発酵後、3 週間マセレー ションしタンニンと骨格を引き出す。マロラクティック発酵はフレンチオークの樽内で行う。

熟成
フリーランのワインとプレスワインは分けて熟成。
フリーランは通常 16 ~ 18 カ月熟成し、フィルタ ーなしで瓶詰めされる。

テースティングノート
美しいチェリー色。赤い果実やスパイス、ウッディ ーノートなどの、凝縮感のある香り。力強く骨格のしっかりした味わいで、タンニンはベ ルベットのよう。味わいは複雑で、フルーツとクローヴ、黒コショウ、リコリス、ユーカリなどのバランスがとれている。

update : 2018.05.13 |category : event

event 5月22日(火)19時開催!Campo Eliseoメーカーズディナー

ワイン界のビッグネーム、フランソワ・リュルトン氏の来邸が決定いたしました!
フランス・ボルドー髄一の名門リュルトン家。所有する数多くのシャトーを指揮するアンドレ・リュルトン氏の長男として、フランソワ・リュルトン氏は生まれます。
アンドレ・リュルトン氏はACペサック・レオニャンの設立の中心人物としても世界的に知られる存在。フランソワ・リュルトン氏は、この偉大な父のもとコマーシャルマネージャーとしての経験ののち、弟とフランソワ・リュルトン社を設立。
フランスはもちろん、スペイン、ポルトガル、アルゼンチン、チリで高級ワインの生産にあたります。このボデガ・カンポエリセオは、彼の幼馴染で、友人でもあるミッシェル・ロラン氏とのジョイントベンチャーです。
当日は、
リュルトン氏自らによるワインの解説を伺いながら(通訳付き)、カンポ・エリセオの極上ワインを当邸シェフ、ゴンサロ・アルバレスによるフルコースディナーとともに存分にお楽しみいただく、特別な一夜です。




Campo Eliseo メーカーズディナー

2018年5月22日(火)
Start 19:00~
お一人様 ¥20,000(税サ込)
フルコースディナー&ワイン

Wineのラインナップ
HERMANOS LURTON BLANCO 2016 (白)/ DO. RUEDA

CAMPO ALEGRE BLANCO 2016(白)/ DO. RUEDA
CAMPO ELISEO BLANCO 2013(白)  / DO. RUEDA
CAMPO ALEGRE 2014(赤)/ DO. TORO
CAMPO ELISEO 2008(赤)/ DO. TORO
※ヴィンテージが変更になる場合があります。


グランドサロンにてウェルカムドリンクとアピタイザーのサービス。リュルトン氏がお迎えします。
スタッフが通訳のお手伝いをしますので、ご希望のお客様は日本語でもどうぞお話ください。

その後、ダイニングへ移動し、ワインとこの日だけの特別ディナーコースのマリアージュをお楽しみください。ご希望のお客様には食後、通常非公開のワインセラーを含めた館内案内がございます。
当邸のワイン会はおひとり様でもお連れ様とでも共通の話題ワインを通じて、皆さまでお話に花が咲き、毎回、大変楽しい会となります。解説も入れさせていただきますので、楽しい一夜をお過ごしくださいませ。




 完全予約制
下記フォームよりお申し込みください
お申込は締め切りました。誠にありがとうございます。

イベント概要チラシダウンロードはこちらをクリック

■CAMPO ELISEOとは?


ボルドーの名門リュルトン家出身のフラン ソワ・リュルトン氏と、世界100カ所以上のワイナリーで醸造相談を請け負う、最も著名なコンサルタント、ミシェル・ ロラン氏は幼なじみ。ワイン界でも傑出した、両氏による共同プロジェクトが、ボデガ・カンポ・エリセオ。両氏の出資は50:50。ミッシェル・ロラン氏が自ら所有するシャトー以外で出資した唯一のワイナリーで、氏の力の入れようが伺えます。

選び抜いた、スペインのリベラデル・デュエロの北西に位置するトロにおいてプレミアムワインの製造に着手。近年では隣接するルエダでも最高の白ワインを造るプロジェクトもスタートさせています。

彼らのパートナーシップが結実した、ティンタ・デ・トロ(テンプラニーリョ種)100%から造られるカンポ・エリセオはリッチでゴージャス、スムースなワインです。生産本数は毎年わずか 15,000 本。

カンポ・エリセオとはスペイン語でシャンゼリゼ(祝福された 地)の意味。シャンゼリゼの名はギリシャ神話の神々に愛された英雄たちの魂が死後に送 られる楽園「エリュシオンの野」に由来しています。

このカンポ・エリセオをはじめ、とっておきのワインを存分にお楽しみください。

 

 

update : 2018.05.1 |category : event

Page 1 of 4812345102030...Last »

page top