小笠原伯爵邸

WHAT'S GOING ON AT OGASAWARATEI THESE DAYS? -TOPICS-

information 小笠原伯爵邸公開日のご案内(2017年8月)

ラウンジ&シガーのコピー来る2017年 8月21(月)に小笠原伯爵邸の公開をいたします。1927年(昭和2年)に創建され、2000年からの修復により再び往時のように華やかに甦った洋館、小笠原伯爵邸。
当時の古き良きものをそのままに、現在もしっかり当時の輝きを放っているこの歴史ある洋館をぜひご見学ください。
華やかな装飾、遊び心ある造作、そして木の床がたてる快いきしみ…
小笠原伯爵邸に残る歴史や文化を感じていただければ幸いです。
※事前申込(無料)の定員制となります。当日は自由見学となります。

【ご見学にあたりお願い】
邸内はなるべく当時のままの保存に努めております。
窓の留め具などの部品類も現在では貴重なものがたくさんございます。

■ 窓や引き出しの金具には絶対にお手を触れないでください。
■ 調度品にはお手を触れないでください

■ 家具を移動させないでください。
上記お守りいただけないお客様にはご見学をお断りさせていただくことがございます。
あらかじめご承知おきくださいませ。

《予約制》
8月21日(月)
15:30~17:00(最終入館16:30)
《お問合せ》03-3359-5830




Passmarket お申込画面に遷移いたします。
そちらで必要情報をご入力のうえお申し込みください。
お申込みは、Yahoo! JAPAN社によるPassmarketのシステムでお申込みいただけます。

 

 

update : 2017.07.25 |category : information

information 小笠原伯爵邸セレクト“Finest Wine 7月”のご案内

小笠原伯爵邸の地下1階に眠る秘蔵ワインの数々。
その中から毎月、様々なワインをご紹介してまいります。
ワイン愛好家の皆様には毎月貴重なワインが楽しめる絶好の機会です。
シェフソムリエがお薦めするとっておきのワイン、是非お楽しみください。

7月に入り暑さも本格的!
そんな時期だからこそ、のど越しをお楽しみいただきたく今月は、Torelló(トレジョ)のカヴァ(スパークリングワイン)をご用意いたしました。


スペイン・カタルーニャ州に所在するワイン産地“ペネデス”に14世紀より存在しているトレジョは一貫した家族経営の歴史あるボデガです。
ワイン造りは丁寧に各品種の最適な熟成度に合わせて手摘み。そして優しく1度圧搾されます。ステンレスタンクでの発酵後は瓶内で二次発酵されますが、ボデガの地下倉で最低30ヶ月の熟成することにより、クリーミーな泡と味と質を豊かにします。また、通常の発酵酒にみられるようなリキュールの添加をせず、自然のままの良質な辛口が生まれるのです。泡は魅力的なムース状。グラスの中できめ細かい泡が生まれては消えていき、なんともロマンティックです。
すっきりと爽やかに、のどを潤してくれる辛口のカヴァをぜひご賞味ください。

 

 

Brut Nature 2010
ブリュット・ナツレ 2010


ボトル¥9,000(税別)
グラス(120ml) ¥1,800(税別)

伝統的な手作業へのこだわりをもって造られた細かな泡、切れ味のある熟成辛口の味わいが楽しめる辛口タイプのカヴァです。

【品種:マカベオ、チャレロ、パレリャーダ】

 

 

Brut Rose 2012
ブリュット・ロゼ 2012


ボトル¥8,000(税別)
※ボトルでのご提供商品です

手摘み&一番搾りを使用したワンランク上のロゼのカヴァです。鮮やかな綺麗な赤色も魅力です。瓶内二次発酵をおこない、24カ月以上瓶内で熟成させました。

【品種:モナストレル、ガルナッチャ・ティンタ】

 

 

Gran Torelló 2009
グラン・トレジョ 2009


ボトル¥15,000(税別)
※ボトルでのご提供商品です

パーカーポイント91点以上を獲得している極辛口で凝縮した逸品。樹齢40年以上の品種を厳選して手摘みし、15分以内で工場へ運び、ソフトプレス。一番搾りにあたる果汁のみを使用するほどのこだわりようです。

【品種:マカベオ、チャレロ、パレリャーダ】

 

update : 2017.06.30 |category : information

information 小笠原伯爵邸公開日のご案内(2017年7月)

ラウンジ&シガーのコピー来る2017年 7月24(月)に小笠原伯爵邸の公開をいたします。1927年(昭和2年)に創建され、2000年からの修復により再び往時のように華やかに甦った洋館、小笠原伯爵邸。
当時の古き良きものをそのままに、現在もしっかり当時の輝きを放っているこの歴史ある洋館をぜひご見学ください。
華やかな装飾、遊び心ある造作、そして木の床がたてる快いきしみ…
小笠原伯爵邸に残る歴史や文化を感じていただければ幸いです。
※事前申込(無料)の定員制となります。当日は自由見学となります。

【ご見学にあたりお願い】
邸内はなるべく当時のままの保存に努めております。
窓の留め具などの部品類も現在では貴重なものがたくさんございます。

■ 窓や引き出しの金具には絶対にお手を触れないでください。
■ 調度品にはお手を触れないでください

■ 家具を移動させないでください。
上記お守りいただけないお客様にはご見学をお断りさせていただくことがございます。
あらかじめご承知おきくださいませ。

《予約制》
7月24日(月)
15:30~17:00(最終入館16:30)
《お問合せ》03-3359-5830


※定員となりましたので、お受付終了となりました。

Passmarket お申込画面に遷移いたします。
そちらで必要情報をご入力のうえお申し込みください。
お申込みは、Yahoo! JAPAN社によるPassmarketのシステムでお申込みいただけます。

 

 

update : 2017.06.30 |category : information

information 小笠原伯爵邸セレクト“Finest Wine 6月”のご案内

タイトルのみ小笠原伯爵邸の地下1階に眠る秘蔵ワインの数々。
その中から毎月、様々なワインをご紹介してまいります。
ワイン愛好家の皆様には毎月貴重なワインが楽しめる絶好の機会です。
シェフソムリエがお薦めするとっておきのワイン、是非お楽しみください。

今月は、スペインで常に注目を浴びているテルモ・ロドリゲスのワインをご紹介いたします。

テルモはワイン造りに対する意見の違いから名門ワイナリーのオーナーである父と衝突。自身が理想とするワイン造りを行うため盟友とワイナリーを設立しました。
Termo氏この時にテルモが目をつけたのが、スペイン中で放っておかれていた古木。それらを買い取るのではなく、所有者に協力を仰ぎ、彼らの醸造所の設備を借りてワイン造りを行いました。そしてスペイン各地で自らが理想とする「固有品種とその土地の個性、テロワールを表現したワイン」を造ることに成功したのです。現在手掛けているのは本拠地リオハをはじめ、リベラ・デル・デュエロ、トロ、アリカンテ、ルエダ、バルデオラス、セブレロス、マラガ。
丁寧に守られてきた畑と古木、そしてテルモの技術と共同製作から誕生した理想のワイン、ぜひご賞味ください。

 

 

Pegaso Pizarra 2010
ペガソ・ピサーラ 2010

ワイン1
ボトル¥10,000(税別)
グラス(120ml) ¥2,000(税別)

カスティーリャ・イ・レオン州南部に位置するセブレロス、この地の主要な品種はガルナッチャ。長らく低い評価を受けていた品種ですが、テルモは古木のガルナッチャのポテンシャルを引出し最高品質のワインを誕生させたのです。熟した赤い果実やローズを思わせる香り。澄んだ心地よい酸が調和を取っていてエレガンスな印象です。

 

 

Altos Lanzaga 2011
アルトス・ランサガ 2011

ワイン2
ボトル¥14,000(税別)
※ボトルでのご提供商品です

スペインいちの銘醸地であるが故に大手ワイナリーがひしめくリオハ。テルモは土地の個性を表現した真のリオハワインのため、リオハ・アラベサのランシエゴ村を選びました。このアルトス・ランサガはテルモがリオハで造るフラッグシップ的な存在で樹齢60年を超える古木から生まれるこのワインはグランクリュに相応しい真のテロワールワインです。

 

 

Matallana 2009
マタヤーナ 2009

ワイン3
ボトル¥18,000(税別)
※ボトルでのご提供商品です

この産地で育つ品種はテンプラニーリョ。リベラのテンプラニーリョは色調濃く、フルボディのワインに仕上がります。テルモ曰く「リオハのテンプラニーリョは女性的でエレガント。リベラのテンプラニーリョは男性的でパワフル」。それゆえリベラのワインを造る時はテルモ自身が修業したフランス・ローヌのワインをイメージしているそう。

 

update : 2017.06.1 |category : information

information 小笠原伯爵邸公開日のご案内(2017年6月)

ラウンジ&シガーのコピー来る2017年 6月19(月)に小笠原伯爵邸の公開をいたします。1927年(昭和2年)に創建され、2000年からの修復により再び往時のように華やかに甦った洋館、小笠原伯爵邸。
当時の古き良きものをそのままに、現在もしっかり当時の輝きを放っているこの歴史ある洋館をぜひご見学ください。
華やかな装飾、遊び心ある造作、そして木の床がたてる快いきしみ…
小笠原伯爵邸に残る歴史や文化を感じていただければ幸いです。
※事前申込(無料)の定員制となります。当日は自由見学となります。

【ご見学にあたりお願い】
邸内はなるべく当時のままの保存に努めております。
窓の留め具などの部品類も現在では貴重なものがたくさんございます。

■ 窓や引き出しの金具には絶対にお手を触れないでください。
■ 調度品にはお手を触れないでください

■ 家具を移動させないでください。
上記お守りいただけないお客様にはご見学をお断りさせていただくことがございます。
あらかじめご承知おきくださいませ。

《予約制》
6月19日(月)
15:30~17:00(最終入館16:30)


定員となりましたので、お受付終了いたしました。

《お問合せ》03-3359-5830

Passmarket お申込画面に遷移いたします。
そちらで必要情報をご入力のうえお申し込みください。
お申込みは、Yahoo! JAPAN社によるPassmarketのシステムでお申込みいただけます。

 

 

update : 2017.05.20 |category : information

Page 1 of 20123451020...Last »

page top