小笠原伯爵邸

WHAT'S GOING ON AT OGASAWARATEI THESE DAYS? -TOPICS-

information 小笠原伯爵邸公開日のご案内(2019年3月)

ラウンジ&シガーのコピー来る2019年3月25日(月)に小笠原伯爵邸の公開をいたします。
1927年(昭和2年)に創建され、2000年からの修復により再び往時のように華やかに甦った洋館、小笠原伯爵邸。
当時の古き良きものをそのままに、現在もしっかり当時の輝きを放っているこの歴史ある洋館をぜひご見学ください。
華やかな装飾、遊び心ある造作、そして木の床がたてる快いきしみ…
小笠原伯爵邸に残る歴史や文化を感じていただければ幸いです。

※事前申込(無料)の定員制となります。当日は自由見学となります。

※お申し込みは先着予約制、ホームページのみで承っております。

※キャンセル待ちは承っておりません。

【ご見学にあたりお願い】
邸内はなるべく当時のままの保存に努めております。
窓の留め具などの部品類も現在では貴重なものがたくさんございます。
■ 窓などの金具類には絶対にお手を触れないでください。
■ 調度品にはお手を触れないでください
■ 家具を移動させないでください。
ポートレート撮影や商品撮影など建物見学が主目的でない撮影はご遠慮ください。
上記お守りいただけないお客様にはご見学をお断り、
ご退出のお願いをさせていただくことがございます。
あらかじめご承知おきくださいませ。

《予約制》
3月25日(月)
15:30~17:00(最終入館16:30)
※お受付は15:30からとなります。恐れ入りますが、準備の関係で開始時間以前にお越しいただいてもお待合の場所がご用意できません。15:30~16:30内にどうぞお越しくださいませ。
《お問合せ》03-3359-5830

定員となりましたので3月25日の公開日お受付は終了させていただきました。
次月の公開日のご案内は4月上旬を予定しております。

Passmarket お申込画面に遷移いたします。
そちらで必要情報をご入力のうえお申し込みください。
お申込みは、Yahoo! JAPAN社によるPassmarketのシステムでお申込みいただけます。

update : 2019.03.6 |category : information

information シーズナル特集:春は桜色 ロゼワイン
小笠原伯爵邸セレクト“Finest Wine 3月”のご案内


小笠原伯爵邸の地下1階に眠る秘蔵スペインワインの数々。その中から毎月様々なワインをご紹介してまいります。
今月は、春の訪れを感じさせる2類のワインをご紹介。
ワイン愛好家の皆様には毎月貴重なスペインワインが楽しめる絶好の機会です。シェフソムリエがお薦めするとっておきのワイン、是非お楽しみください。



 今月のワイン 



〔左〕ベニート・エスクデロ
〔右〕キンタ・クラリサ 2017

 

 

 

 

┃爽やかな酸味が魅力のワイン -ロゼ-

今月は、季節を感じさせる桜のような色合いのワイン、ロゼをご紹介いたします。

近年、欧米諸国を中心に、多様な食事と楽しめるロゼは大変人気のあるワインとなっており、スペインでも品質の高いロゼワインが増えてきております。日本ではロゼワインというと甘口ワインのイメージを持つ方も多いですが、一般的には辛口で赤い果実の香りを持った爽やかな酸味のワインが多く、前菜からお肉料理、また国籍も問わずいろいろな料理と楽しめるのがロゼワインの魅力です。

春の訪れが待ち遠しいこの季節、お食事のひとときに、ひと足早い春色で心を躍らせてみませんか?

 

 

 

Benito Escudero
ベニート・エスクデロ

赤ワインの伝統的な産地リオハで造られているロゼのスパークリングワイン。標高700~800mの山の斜面の自社畑で葡萄は作られており、フレッシュでエレガントなアロマが特徴です。桜の花をイメージさせる淡いピンクの色合い、きめ細かく優しい泡立ちで、味わいは豊かな果実味と繊細できれいな酸。程よい熟成感が楽しめます。

ワイナリー:ベニート・エスクデロ
タイプ:赤ワイン
品種:ガルナッチャ、ビウラ

ボトル¥7,000(税別) グラス¥1,500(税別)

 

Quinta Clarisa 2017
キンタ・クラリサ 2017

白ワインの産地ルエダ地区を代表するボデガ、ベロンドラーデ社が造っている、この地に昔から植えられている数少ないテンプラニーリョ種を用いて醸造したロゼワイン。ザクロやサクランボの赤い果実の凝縮した香り、肉厚のボディが特徴です。フルーティーな香りとは相反する辛口でドライな味わいは、タパスから、魚介、お肉料理と幅広い食事と相性よく楽しめます。

ワイナリー:ベロンドラーデ
タイプ:赤ワイン
品種:テンプラニーリョ

ボトル¥8,000(税別) グラス¥1,500(税別)

 




Back number

小笠原伯爵邸おすすめスペインワイン今までにご紹介したスペインワインは、バックナンバーからご覧いただけます。

☆シェフソムリエ主催のワインイベントを開催予定☆
イベントなどの情報は、メールマガジンにて配信します。
メールマガジン登録はこちらから

 

 

 

 

update : 2019.02.28 |category : information, wine

information 5/30(木)開催★スペインナイト2019

今年も一夜限りの華やかな夜会「スペインナイト」を開催。
迫力満点のフラメンコやカジノ、トゥナの生演奏と様々なプログラムで邸内はスペイン一色に!
お食事は彩り鮮やかなピンチョスや大鍋で炊く本場パエリア、グリル料理など、邸内いたるところで香しいお料理が並びます。
スペイン全土から選りすぐったワインも数多くご用意いたしました。
小笠原伯爵邸の大イベント「スペインナイト」皆様のご来場を心よりお待ちしております。




小笠原伯爵邸スペインナイト

2019年5月30日(木)

ドアオープン18:30/スタート19:00

ドレスコード:スペインの情熱的な夜にぴったりの装い
※公共の交通機関でお越しくださいませ※

ファックス申込みボタン

 



[会費]

女性(お一人様) 16,000円
男性(お一人様) 18,000円

[内容]
お料理 (ピンチョススタイル)
お飲物 / 税サ込





[お問合せ]

小笠原伯爵邸 03-3359-5830



— ご注意ください —
※雨天決行、チケットご購入・お振込後のキャンセルおよびご返金は致しかねます

update : 2019.02.26 |category : information

information 小笠原伯爵邸公開日のご案内(2019年2月)

ラウンジ&シガーのコピー来る2019年2月26日(火)に小笠原伯爵邸の公開をいたします。
1927年(昭和2年)に創建され、2000年からの修復により再び往時のように華やかに甦った洋館、小笠原伯爵邸。
当時の古き良きものをそのままに、現在もしっかり当時の輝きを放っているこの歴史ある洋館をぜひご見学ください。
華やかな装飾、遊び心ある造作、そして木の床がたてる快いきしみ…
小笠原伯爵邸に残る歴史や文化を感じていただければ幸いです。

※事前申込(無料)の定員制となります。当日は自由見学となります。

※お申し込みは先着予約制、ホームページのみで承っております。

※キャンセル待ちは承っておりません。

【ご見学にあたりお願い】
邸内はなるべく当時のままの保存に努めております。
窓の留め具などの部品類も現在では貴重なものがたくさんございます。
■ 窓などの金具類には絶対にお手を触れないでください。
■ 調度品にはお手を触れないでください
■ 家具を移動させないでください。
ポートレート撮影や商品撮影など建物見学が主目的でない撮影はご遠慮ください。
上記お守りいただけないお客様にはご見学をお断り、
ご退出のお願いをさせていただくことがございます。
あらかじめご承知おきくださいませ。


《予約制》
2月26日(火)
15:30~17:00(最終入館16:30)
※お受付は15:30からとなります。恐れ入りますが、準備の関係で開始時間以前にお越しいただいてもお待合の場所がご用意できません。15:30~16:30内にどうぞお越しくださいませ。
《お問合せ》03-3359-5830

定員となりましたので、お受付終了いたしました。
3月の無料公開日は3月初旬に当邸HPにてお知らせいたします。


 

Passmarket お申込画面に遷移いたします。
そちらで必要情報をご入力のうえお申し込みください。
お申込みは、Yahoo! JAPAN社によるPassmarketのシステムでお申込みいただけます。

update : 2019.02.6 |category : information

information ワイナリー:D.O.リベラ・デル・ドゥエロ
小笠原伯爵邸セレクト“Finest Wine 2月”のご案内


小笠原伯爵邸の地下1階に眠る秘蔵スペインワインの数々。その中から毎月様々なワインをご紹介してまいります。
今月は、産地: D.O. リベラ・デル・ドゥエロの3種類のワインをご紹介。
ワイン愛好家の皆様には毎月貴重なスペインワインが楽しめる絶好の機会です。シェフソムリエがお薦めするとっておきのワイン、是非お楽しみください。



 今月のワイン  

産地:スペイン / D.O.リベラ・デル・ドゥエロ



 

〔左〕コリンボ 2013
〔中〕エル・ノガル 2012
〔右〕ラ・マラ 2010

 

 

 

┃スペインの一大赤ワインの産地『D.O.リベラ・デル・ドゥエロ』

今月はスペインの赤ワインの銘醸地のひとつ“リベラ・デル・ドゥエロ”をご紹介いたします。

権威あるワイン誌から世界最優秀ワイン産地としても選出されたことのあるリベラ・デル・ドゥエロは、スペイン中央部にある首都のマドリードの北に位置し、ポルトガルまで続く大河のドゥエロ川流域が生産地です。
まだスペインワインと言えばリオハワインしか知られていない時代にベガ・シシリアという生産者がヨーロッパのワイン通の間で有名になったことがきっかけとなり、その後多くの高品質ワインを産出したことでスペインの一大ワイン産地へと変わっていきました。
ワインの味わいの特徴としては寒暖差の激しい大陸性気候などの影響で葡萄に凝縮感を与え、豊かな果実味や複雑で凝縮感のあるワインとなります。

まだ寒さの続くこの季節、濃厚な赤ワインと共にお食事をお楽しみください。

 

 

 

Corimbo 2013
コリンボ 2013

ラ・オラ社はスペインの伝統的ワイン生産地リオハにて高品質なワインを造ることで知られているボデガス・ロダ社が新しくリベラ・デル・ドゥエロの地で始めたプロジェクトです。コリンボはロダ社のワイン同様にテンプラニージョ種の特徴をみごとに表現しており、香木やハーブ、ベリーなどが上品に感じられるワインです。

ワイナリー:ボデガス・ラ・オラ
タイプ:赤ワイン
品種:ティンタ・デル・パイス  100%

ボトル¥9,000(税別) グラス¥1,800(税別)

 

El Nogal 2012
エル・ノガル 2012

生産者のパゴ・デ・ロス・カペジャーネスは家族経営の小さなワインメーカーでありがながら設立以来、世界中で数々の賞を受賞している造り手です。このエル・ノガルはリベラ・デル・ドゥエロらしい力強さや複雑さが感じられるワインです。

ワイナリー:パゴ・デ・ロス・カペジャーネス
タイプ:赤ワイン
品種:ティント・フィノ

ボトル¥16,000(税別)

 

La Mala 2010
ラ・マラ 2010

1,000mを越す高標高のエリアで、ビオディナミ状況下のもと、そしてプロフィロキセラの古木からの葡萄で造られている稀有なワインです。ローズマリー、カモミールなどのハーブや熟した森の果実、コーヒーやスパイスなどのニュアンスが複雑でいて調和しています。

ワイナリー:ドミニオ・デ・アタウタ
タイプ:赤ワイン
品種:ティント・フィノ

ボトル¥24,000(税別)

 




Back number

小笠原伯爵邸おすすめスペインワイン今までにご紹介したスペインワインは、バックナンバーからご覧いただけます。

☆シェフソムリエ主催のワインイベントを開催予定☆
イベントなどの情報は、メールマガジンにて配信します。
メールマガジン登録はこちらから

 

 

 

 

update : 2019.01.23 |category : information, wine

Page 1 of 29123451020...Last »

page top