小笠原伯爵邸


WHAT'S GOING ON AT OGASAWARATEI THESE DAYS? -TOPICS-

 

information 小笠原伯爵邸セレクト"Finest Wine 3月"のご案内



小笠原伯爵邸の地下1階に眠る秘蔵ワインの数々。その中から支配人、大狩がセレクトし毎月、様々なワインをご紹介してまいります。

3月は、権威あるワイン評論家から自らワインの作り手へ華麗なる転身を遂げたヴィクトール・デラ・セルナ氏がオーナーを務める「フィンカ・サンドバル」をお選びいたしました。
ボデガの名前でもある「フィンカ・サンドバル」はラ・マンチャの東、「マンチュエラ」というガイドブックにさえ詳細が記載されていないような産地に位置します。ワイン産地として無名に近かったこの土地の本当の姿をとらえ、土壌や気候を最大限に活かす「シラー種」を中心としたワイン造りを始めたのがオーナーでもあるセルナ氏です。35年におよぶワイン評論、そして「エル・ムンド」の副編集長としてスペインワインの全てを知り尽くした彼が造りだしたワインは2001年のファーストヴィンテージより賞賛を得ました。ワインを愛し、ワインを熟知した彼の情熱をぜひご体感ください。

-Finca Sandoval-
Finca Sandoval 2006
フィンカ・サンドバル2006
グラスワイン(150ml) ¥2,100(税込み)

色が濃く、煮詰めたラズベリーにビターチョコレートのアロマ。
果実の凝縮感とエレガントな酸味も兼ね備えています。
‐フレンチオーク樽にて11ヶ月熟成
‐葡萄品種:シラー80%、モナストレル9%、ボバル7%、テンプラニージョ4%

update : 2012.03.1 |category : information

page top