小笠原伯爵邸

WHAT'S GOING ON AT OGASAWARATEI THESE DAYS? -TOPICS-

report Noche de Sanlúcar con Miguel Gutiérrezが開催されました

7月21日(木)にNoche de Sanlúcar con Miguel Gutiérrez(ノーチェ・デ・サンルーカル・コン・ミゲル・グティエレス)が開催されました。
アンダルシア州サンルーカル・デ・バラメダにある、ボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナにて長きに渡りシェリーの品質を管理し続けている、云わば”蔵の番人”のミゲル・グティエレスさんをお迎えしてのシェリーパーティーです。

ジプシーの女性画のエチケットでお馴染みのボデガス・イダルゴ・ラ・ヒターナは、200年以上続く老舗の家族経営醸造所。この地域(原産地呼称認定地域)でしか作られないマンサニージャ(シェリーの種類)は特に、ここボデガス・イダルゴ・ラ・ヒタ-ナが代表格と称賛されている名門の醸造所です。
今宵は、その名門醸造所より、広報ディレクターでもいらっしゃるミゲルさんが小笠原伯爵邸主催シェリーパーティーのために、わざわざスペインから来日してくださったのです。
しかも、秘蔵シェリーを持って!
実は、ミゲルさん、ヨーロッパ圏以外の国に出たことがなかったとのこと。長時間のフライトにもかかわらず、私たちのために渡航してくださったというのは、とても光栄な出来事です。

そしてシェリーパーティーには、ミゲルさんが選び抜いたラ・ヒターナ社自慢のシェリーのラインナップが揃いました。皆様とも、それぞれ異なるシェリーを飲み比べたり、ヴェネンシアドールの薫り高きシェリーを味わったり、シェリーを深く知っていただく良い機会になったのではないかと思っております。
実際に、「シェリーにこんなにたくさんの種類があると初めて知りました」「シェリーの奥深さが少し理解できたように思います」「ミゲルさんのヴェネンシアドールがとても格好良くて、自分も来年チャレンジしたいと思います」等の感想をいただき、シェリーファンが増えたことを私どもも嬉しく感じました。
シェリー、ピンチョスと共にパーティーを盛り上げたのは、フラメンコ。力強く、躍動感溢れる素敵なショーに皆様も見入っていらっしゃいました。飛び入りでミゲルさんがフラメンコを踊るシーンは、だいぶ笑いを誘っていました。
最後には、ラ・ヒターナ社一番人気の『マンサニージャ・ラ・ヒターナ』のフルボトルが当たる抽選会が行われました。当選された皆様には、このパーティーの余韻をご自宅でも楽しんでいただければ、嬉しく思います。

次回は、9月29日(木)に開催されるスペインナイト’11で、また多くの皆様にお会いできることを楽しみにしております。

日時:2011年7月21日(木)
会費:¥10,000(お食事、お飲物、サービス料、消費税込み)
スタイル:ピンチョススタイル

《当日のシェリー》

Manzanilla La Gitana
マンサニージャ・ラ・ヒターナ

Manzanilla Pasada Pastrana
マンサニージャ・パサダ・パストラーナ

Amontillado Napoleon
アモンティリャード・ナポレオン

Oloroso Faraon
オロロソ・ファラオン

Cream Alameda
クリーム・アラメダ

Pedro Ximenez Triana
ペドロ・ヒメネス・トゥリアナ

update : 2011.08.1 |category : report

event Noche de Sanlucar con Miguel Gutierrez

こちらのイベントは終了いたしました

update : 2011.07.28 |category : event

report Festival de la Cazuela~音楽と食のwai wai祭り~が開催されました


6月16日(木)にFestival de la Cazuela~音楽と食のwai wai祭り~が開催されました。
スペインの家庭で昔から愛用されている素焼きの土鍋”カスエラ”をテーマにした同イベント。フェスティバルの証としてご用意したミニカスエラを皆様に付けていただき、宴は開会しました。
ささやかなプレゼントですが、皆様喜んでくださいました!
まずは、シェリーとフィンガーフードでお出迎え。トゥナの陽気な音楽に皆様も心踊るプレステージでした。

 

そして、ここからが本番!
カスエラを使用したスペインの郷土料理が勢ぞろいです。
シェフのテーマは『スペイン全土を旅しているように各地の伝統料理を終結してみた』と!アンダルシア、カスティーリャ、サンティアゴなど…各地の伝統料理が並びました。
大きなカスエラで仕上げた出来立てのお料理が、派手なマタドール(闘牛)の曲とともに登場し、皆様の目の前でキッチンスタッフがお取り分けする等、普段の小笠原伯爵邸では見られない光景がサプライズとして用意されました。
最後に出されたデザートは、巡礼の最終地サンティアゴの伝統菓子であるタルトにかぼすと一ノ蔵のアイスクリームを添えたもの。大震災で被害を受けた東北にエールを送る意味を込め、宮城県の地酒、一ノ蔵を用いたデザートを作らせていただきました。
元気が出る楽しい催しを、と思い計画したフェスティバルでしたが、皆様とも終始笑い声や会話が尽きず、タイトルの通り、終始ワイワイ♪
お開き後も、お席から離れない方々多数で、それだけご満喫いただけた証拠かなと嬉しく思う一夜でした。


皆様からのご要望があれば、また寒い時期に第二弾を開催させていただこうかと計画中です。

同イベントの会費の一部は、義援金として適した団体に寄付させていただきます。
寄付のレポートは、追ってご報告いたします。

—————————————————–

日時:6月16日(木) 18:30ドアオープン、19:00開宴
会費:お一人様 ¥12,000(お食事、お飲物、税・サ込み)
    ※会費の一部は震災の義援金として寄付させていただきます。

—————————————————–


-MENU-

Variado de Tapas
タパスバラエティ

Sopa de Ajos de La Mancha
ソパ・デ・アホ

Arroz Caldoso de Marisco
海の幸のアロス・カルドソ

Cocido
コシード

Tarta de Santiago y Helado de Kabosu y Licor de Arroz
タルタ・デ・サンティアゴ かぼすと一ノ蔵のアイスクリーム添え

update : 2011.06.26 |category : report

event Festival de la Cazuela☆一夜限りの小笠原伯爵邸バル

こちらのイベントは終了いたしました。

update : 2011.05.13 |category : event

information パティオに小さな春の訪れがやってまいりました

皆様、小春日和の折、いかがお過ごしでしょうか。

小笠原伯爵邸のパティオにも、小さな春の訪れがやってまいりました。
木香薔薇(モッコウバラ)の季節です。
木香薔薇は小さな小さな花々ですが、逞しく、強く咲き誇り、
パティオが春の香りに包まれます。
2011年春、『私たちにできること』をテーマに、
日本の皆様がひとつの目標に向かっている今、
ひとりひとりの力は小さくても、確実な歩みを皆様と共に歩んでいきたい、小笠原伯爵邸はそう願ってやみません。
私たちにできることのひとつ、それはひとりでも多くの皆様に笑顔になっていただくこと。
4月よりスタートいたしました春のメニューと、スペインから届いたばかりの小笠原伯爵邸オリジナルワイン新ヴィンテージを揃えて、皆様のご来邸を心よりお待ち申し上げております。

update : 2011.04.17 |category : information

Page 36 of 39« First...1020303435363738...Last »

page top