小笠原伯爵邸

WHAT'S GOING ON AT OGASAWARATEI THESE DAYS? -TOPICS-

report 「スペイン 食とワインの旅」ランチタイムのワイン会が開催されました

【イベントレポート】
第1回はポルトガルの北に位置し、入り江の多い複雑な「リアス式海岸」でよく知られているガリシア地方からスタートしました。この地方には多くの漁港があり、新鮮で豊富な魚介類を使った料理が代表的です。またその料理と見事な調和を見せるガリシア産のワインは、スキッとした辛口、果実実あふれる味わいが魅力的なアルバリーニョ種のワインが有名です。
当日の料理デモンストレーションではタコのガリシア風、たらとひよこ豆の煮込み、タルタ・デ・サンティアゴの3品が紹介されました。ガリシア地方に伝わる調理法や、食材の扱い方など、家庭でも取り入れられワンランクアップできる工夫が紹介されました。少人数制の会なので、料理デモンストレーションを近くでみることができ、質問もしやすく、なごやかな会に。
講習後は、メインダイニングへ移動。ガリシア地方の料理が組み込まれた特別ランチメニューが用意されました。ワインは、2006ヴィンテージのルスコ・アルバリーニョ。色調は淡いゴールド。レモン、グレープフルーツ、白桃の香りがはっきりと表れ刺激的。風味豊かで切れがよい。しっかりとした風味を持っていて食事との愛称も抜群でした。

日時 : 4月22日(木)11:30~14:00
会費 : お一人様 9,000円 (講習費・お食事・ワイン・税・サービス料込)
プログラム
・ガリシアの郷土料理ミニ講習会
・ガリシアワインの魅力
・お食事とワインのランチコース

- Menú -

Tosta de pimientos y cebollas nuevas escalivadas con láminas de mojama
y espuma de foie, chutney de cerezas y reducción de Pedro Ximénez
フォアグラのエスプーマ、エスカリバーダとモハマのトースト

Chanquetes, crema de aguacate, mojo de hinojo y cebolla nueva
チャンケテ、アボカドクリームとフェンネルマリネと共に

Pulpo a la gallega
タコのガリシア風

Arroz negro de chipirones, Ne-mitsuba y aire de citronel
アロスネグロとチピロン
レモングラスのアイレと根三つ葉ソース

Bacalao con garbanzos y espinacas
鱈とひよこ豆の煮込み

Codorniz rellena de acelgas y nueces pecan, gelatina de manzana y
albahaca con queneles de mermelada de tomate
不断草とピーカンナッツを詰めたうずら
青りんごとバジリコのゼリー、サトウニンジンのピューレ添え

Granite de Manzanilla de Castilla
カモミールのグラニテ

Tarta de Santiago
サンティアゴとサクランボの2種類のタルト
パイナップルのエラードを添えて

Dulces pequeños
小菓子

- ワイン -
2006 Lusco Albariño D.O. Rias Baixas
Lusco do Mino

update : 2010.05.14 |category : report

event 小笠原伯爵邸主催 「スペイン 食とワインの旅」ランチタイムのワイン会

※こちらのイベントは終了いたしました。 当日の模様は、「Report」をご覧ください。


日時 : 4月22日(木)11:30~14:00
会費 : お一人様 9,000円 (料理・ワイン・税・サービス料込)
会場 : 小笠原伯爵邸 東京都新宿区河田町10-10
お申込・お問合せ : 03-3359-5830
プログラム
・ガリシアの郷土料理ミニ講習会
・ガリシアワインの魅力
・お食事とワインのランチコース
内容
小笠原伯爵邸では皆様にお気軽に本物のスペイン文化を体験していただくために、毎月スペインの特定の地域を取り上げ、その地方の文化やお料理、そしてワインをお楽しみいただく会を開催させていただきます。当邸のシェフやソムリエが料理とワインを通して、自らスペインの魅力をご案内させていただきます。

update : 2010.04.23 |category : event

report 銘醸ワインの夕べが開催されました

【イベントレポート】

photo04232スペイン・リオハに新しい風を運んだボデガ(ワイナリー)「マルケス・デ・カセレス」より数々の素晴らしいワインをご紹介いただきました。
小笠原伯爵邸 1日限定メニューのほか、スペインから届いた貴重な蔵出しワインも用意され究極の饗宴に。
当日は「マルケス・デ・カセレス」よりクリスティーナ フォルネ女史をお招きし、貴重なお話を伺いました。
リオハにある伝統的ワイン製法にフランス・ボルドーのエッセンスを加えた経緯や、父親であるエンリク・フォルネ氏や数々の専門家とともに凝らしたさまざまな工夫についてなど、とても興味深いものでした。
伝統的製法にとらわれることなく、テンプラニーニョ種の風味を引き出すことにこだわった結果、モダンさと気品さが加わり、今では世界中で愛されるワインとなった「マルケス・デ・カセレス」。
「銘醸ワインの夕べ」では、「マルケス・デ・カセレス」のワインを飲み比べながら新たな魅力を発見できた1日となりました。
 日時 : 2010年2月25日(木)
会費 : お一人様¥19,000 (料理・ワイン・税・サービス料込)

- ワイン -

BLANCO FERMENTADO EN BARRICA 2008
D.O.Ca Rioja
Viura.Malvasia

GRAN RESERVA 2001
D.O.Ca Rioja
Tempranillo.Graciano.Garnacha

GAUDIUM 2004
D.O.Ca Rioja
Tempranillo.Graciano

GRAN RESERVA 1994
D.O.Ca Rioja
Tempranillo.Graciano.Garnacha

GRAN RESERVA 1982
D.O.Ca Rioja
Tempranillo.Graciano.Garnacha

 

 

  


 
 
 - Menú -

 

鮮魚の肝のムースと 鱈のマリネ“エスケイシャーダ”のトーストを添えて
Mousse de hígado de pescado blanco y tosta de esqueixada confitada

ニンニクのコンソメ 毛蟹とハーブの香り  パプリカのエスカリバーダを添えて
Consome de ajos quemados, cangrejo y hierbas aromaticas

アンダルシア風白魚のフリット アボカド フェンネル 菜の花と共に
Shirauo a la andaluza, aguacate, mojo de hinojo y cebolla nueva

オマール海老のアロス アーティチョークとサフラン
Arroz con bogavante, alcachofas y azafrán

天然平目のプランチャ 玉ねぎのコンポートとハモンイベリコのチップ マルケス・デ・カセレスのソース
Rodaballo, compota de cebolla, espinacas salteadas y salsa al vino tinto Marques de Caceres Reserva

低温調理した仔羊肉 じゃがいものコンフィ ローズマリーの香りをうつしたフーゴと共に
Cordero, patatas confitadas y su jugo aromatizado con romero

りんご カシス ルバーブのミルフィーユ いちごのシャーベット添え
Mil hojas de Manzana, cassis, Ruibarbo y salsa de Forun

update : 2010.04.23 |category : report

Page 42 of 42« First...1020303839404142

page top