小笠原伯爵邸

WHAT'S GOING ON AT OGASAWARATEI THESE DAYS? -TOPICS-

information ランチ&ディナー バレンタインデープラン2020

2月8日(土)~2月16日(日) 限定


バレンタインデープランのご案内

小笠原伯爵邸のコースにロゼのCAVA(スパークリングワイン)乾杯酒とバレンタインにちなんだオリジナルプチ・デザートをつけた、バレンタインプランをご用意しました。
バレンタインは大切な方と愛を贈りあう日。恋人同士やご夫妻、カップルはもちろん、可愛らしいデザートが女子会や仲のよいお仲間同士にもぴったりなプランです。
当邸のコース料理で楽しいお時間をお過ごしください。

 




 オプション・サービス 

■花束 5,000円(税別)
フラワーデザイナーがお好みの雰囲気の花束をご用意いたします

■GIFT 1,000 円(税別)
シェフパティシエによるオリジナル焼菓子、アーモンドチョコレートや
スペインから直輸入のオリジナル・オリーブオイルなどご用意しています

update : 2020.01.19 |category : information

information 小笠原伯爵邸公開日のご案内(2020年1月)

ラウンジ&シガーのコピー
定員となりましたので、1月27日公開日のお受付は終了いたしました。
なお、次回の公開日情報は、2月5日(水)正午頃に当ホームページにてお知らせいたします。

来る2020年1月27日(月)に小笠原伯爵邸の公開をいたします。
1927年(昭和2年)に創建され、2000年からの修復により再び往時のように華やかに甦った洋館、小笠原伯爵邸。
当時の古き良きものをそのままに、現在もしっかり当時の輝きを放っているこの歴史ある洋館をぜひご見学ください。
華やかな装飾、遊び心ある造作、そして木の床がたてる快いきしみ…
小笠原伯爵邸に残る歴史や文化を感じていただければ幸いです。

※事前申込(無料)の定員制となります。当日は自由見学となります。

※お申し込みは先着予約制、ホームページのみで承っております。

※キャンセル待ちは承っておりません。

【ご見学にあたりお願い】
邸内はなるべく当時のままの保存に努めております。
窓の留め具などの部品類も現在では貴重なものがたくさんございます。
■ 窓などの金具類には絶対にお手を触れないでください。
■ 調度品にはお手を触れないでください
■ 家具を移動させないでください。
ポートレート撮影や商品撮影など建物見学が主目的でない撮影はご遠慮ください。
上記お守りいただけないお客様にはご見学をお断り、
ご退出のお願いをさせていただくことがございます。
あらかじめご承知おきくださいませ。

《予約制》
1月27日(月)
15:30~17:00(最終入館16:30)
※お受付は15:30からとなります。恐れ入りますが、準備の関係で開始時間以前にお越しいただいてもお待合の場所がご用意できません。15:30~16:30内にどうぞお越しくださいませ。
《お問合せ》03-3359-5830

 

 

update : 2020.01.8 |category : information

information D.O.リベラ・デル・ドゥエロ
小笠原伯爵邸セレクト“Finest Wine 1月”のご案内

小笠原伯爵邸の地下1階に眠る秘蔵スペインワインの数々。その中から毎月様々なワインをご紹介してまいります。
今月も、銘醸ワインの産地の一つであるリベラ・デル・ドゥエロから伝統ある生産者のワインをご紹介します。
ワイン愛好家の皆様には毎月貴重なスペインワインが楽しめる絶好の機会です。シェフソムリエがお薦めするとっておきのワイン、是非お楽しみください。




┃新しい “スペインを代表する1本” アウサス

ご好評につき、先月につづき今月も、スペインのワイン銘醸地の一つであるリベラ・デル・ドゥエロから、新年にふさわしい特別なワインをご用意いたしました。

このアウサスは、スペイン最高峰の一つに挙げられるボデガ(ワイナリー)ベガ・シシリアにて長年醸造責任者を勤めていたハビエル・アウサス氏が自ら立ち上げたボデガ。そしてこの2016年がファーストビンテージです。葡萄は長年の経験から今も良好な関係を築いているリベラ・デル・ドゥエロの栽培農家から優れたぶどうを手に入れ、それぞれの畑の特徴を活かしてアッサンブラージュしています。エチケットのINTERPRETACIONは介入、解釈、演出などの意味があり、『自分なりの表現』そして『自分一人でなく栽培農家も一緒に造っている』ことの表現からきています。

新しい“スペインを代表する1本”と言えるこのアウサス、この機会にぜひお楽しみください。

 

Ausas 2016
アウサス2016

ハビエル氏のフィロソフィーであるきれいな酸、パワフルかつエレガンス、が見事に表現されたワイン。リベラ・デル・ドゥエロの素晴らしいワインに通ずる特徴である洗練された緻密なタンニン、果実味、ハーブ、樽などのニュアンスとこのフィロソフィーとの調和も素晴らしく熟成後の味わいも楽しみですが、リリース後ならではのフレッシュさを併せ持った味わいが楽しめます。

ワイナリー:ボデガ・イ・ビニェド アウサス
タイプ:赤ワイン
品種:テンプラニーリョ

グラス¥2,500(税サ別) ボトル¥16,000(税サ別)

 




Back number

小笠原伯爵邸おすすめスペインワイン今までにご紹介したスペインワインは、バックナンバーからご覧いただけます。

☆シェフソムリエ主催のワインイベントを開催予定☆
イベントなどの情報は、メールマガジンにて配信します。
メールマガジン登録はこちらから

 

 

 

 

update : 2020.01.5 |category : information, wine

information D.O.リベラ・デル・ドゥエロ
小笠原伯爵邸セレクト“Finest Wine 12月”のご案内

小笠原伯爵邸の地下1階に眠る秘蔵スペインワインの数々。その中から毎月様々なワインをご紹介してまいります。
今月は、銘醸ワインの産地の一つであるリベラ・デル・ドゥエロから伝統ある生産者のワインをご紹介します。
ワイン愛好家の皆様には毎月貴重なスペインワインが楽しめる絶好の機会です。シェフソムリエがお薦めするとっておきのワイン、是非お楽しみください。




┃新しい “スペインを代表する1本” アウサス

今月は、スペインのワイン銘醸地の一つであるリベラ・デル・ドゥエロから年末のこの時期にふさわしい特別なワインをご用意いたしました。

このアウサスは、スペイン最高峰の一つに挙げられるボデガ(ワイナリー)ベガ・シシリアにて長年醸造責任者を勤めていたハビエル・アウサス氏が自ら立ち上げたボデガ。そしてこの2016年がファーストビンテージです。葡萄は長年の経験から今も良好な関係を築いているリベラ・デル・ドゥエロの栽培農家から優れたぶどうを手に入れ、それぞれの畑の特徴を活かしてアッサンブラージュしています。エチケットのINTERPRETACIONは介入、解釈、演出などの意味があり、『自分なりの表現』そして『自分一人でなく栽培農家も一緒に造っている』ことの表現からきています。

新しい“スペインを代表する1本”と言えるこのアウサス、この機会にぜひお楽しみください。

 

Ausas 2016
アウサス2016

ハビエル氏のフィロソフィーであるきれいな酸、パワフルかつエレガンス、が見事に表現されたワイン。リベラ・デル・ドゥエロの素晴らしいワインに通ずる特徴である洗練された緻密なタンニン、果実味、ハーブ、樽などのニュアンスとこのフィロソフィーとの調和も素晴らしく熟成後の味わいも楽しみですが、リリース後ならではのフレッシュさを併せ持った味わいが楽しめます。

ワイナリー:ボデガ・イ・ビニェド アウサス
タイプ:赤ワイン
品種:テンプラニーリョ

グラス¥2,500(税サ別) ボトル¥16,000(税サ別)

 




Back number

小笠原伯爵邸おすすめスペインワイン今までにご紹介したスペインワインは、バックナンバーからご覧いただけます。

☆シェフソムリエ主催のワインイベントを開催予定☆
イベントなどの情報は、メールマガジンにて配信します。
メールマガジン登録はこちらから

 

 

 

 

update : 2019.11.27 |category : information, wine

information 小笠原伯爵邸公開日のご案内(2019年11月)

ラウンジ&シガーのコピー定員となりましたので、11月20日公開日のお受付は終了いたしました。
12月の公開はお休みさせていただきます。

なお、次回の公開日情報は、来年1月8日(水)正午頃に当ホームページにてお知らせいたします。

来る2019年11月20日(水)に小笠原伯爵邸の公開をいたします。
1927年(昭和2年)に創建され、2000年からの修復により再び往時のように華やかに甦った洋館、小笠原伯爵邸。
当時の古き良きものをそのままに、現在もしっかり当時の輝きを放っているこの歴史ある洋館をぜひご見学ください。
華やかな装飾、遊び心ある造作、そして木の床がたてる快いきしみ…
小笠原伯爵邸に残る歴史や文化を感じていただければ幸いです。

※事前申込(無料)の定員制となります。当日は自由見学となります。

※お申し込みは先着予約制、ホームページのみで承っております。

※キャンセル待ちは承っておりません。

【ご見学にあたりお願い】
邸内はなるべく当時のままの保存に努めております。
窓の留め具などの部品類も現在では貴重なものがたくさんございます。
■ 窓などの金具類には絶対にお手を触れないでください。
■ 調度品にはお手を触れないでください
■ 家具を移動させないでください。
ポートレート撮影や商品撮影など建物見学が主目的でない撮影はご遠慮ください。
上記お守りいただけないお客様にはご見学をお断り、
ご退出のお願いをさせていただくことがございます。
あらかじめご承知おきくださいませ。

《予約制》
11月20日(水)
15:30~17:00(最終入館16:30)
※お受付は15:30からとなります。恐れ入りますが、準備の関係で開始時間以前にお越しいただいてもお待合の場所がご用意できません。15:30~16:30内にどうぞお越しくださいませ。
《お問合せ》03-3359-5830

◆来月12月の公開はお休みさせていただきます。

 

update : 2019.11.6 |category : information, 未分類

Page 1 of 6412345102030...Last »

page top